イメージ画像

限度額までならソフトバンクまとめて支払いを活用できる

ソフトバンク携帯決済とは、通話・通信料金等以外の通話料金を、ソフトバンクの料金とまとめて払えるサービスです。

さまざまなメリットがあり、とても役立つ存在となってくれます。

ですが、限度額をはじめ、いくつか注意すべき点が伴うのもまた事実です。

特徴を理解した上で、安全に活用しましょう。

ソフトバンク携帯決済のメリットとは

ソフトバンクの携帯決済を利用すれば、限度額はありますがあらゆる買い物がしやすくなります。

例えば近年人気を博すゲームアプリなどであれば、ダウンロードやゲーム内課金がスムーズです。

コンビニやキャリアショップで専用コード付きカードを購入して課金する方法もあります。 この場合買いに行く手間やコード入力の面倒さが伴い、少し大変です。

ですがソフトバンクによる携帯決済であれば、端末上ですべて完結できるため、スマホのアプリの楽しみを邪魔しません。

次に、日常の買い物で役立てられる点です。

ソフトバンクをはじめとした多くの携帯・スマホには、電子マネー支払い機能が搭載されています。

端末を各店舗に備え付けられた読み取り端末にかざすだけで、瞬時に入金を完了できます。

これであれば、現金を持ち歩く必要がなく、また小銭などに面倒や煩わしさ感じることもないため、こちらも限度額の範囲内になりますが、便利でスムーズです。

これの方法や限度額に関しては説明は冒頭の通り、いずれもソフトバンク通話代金と合算して払う形となります。

すなわち、さまざまな面で後払いショッピングができるというような内容な訳です。

同じようなプランやサービスにクレジットカードもありますが、これが本体であれば特別な審査も必要ないため、幅広い人が役立てられます。

とにかく、このようにソフトバンク携帯決済はメリット豊富な利便性のあるシステムなのです。

限度額が年齢によってソフトバンク携帯決済は異なります

ソフトバンクまとめて支払いの限度額について

後払い機能であるため、もちろんこのシステムには限度額が存在します。

逆に限度額がなければ、携帯決済現金化では制限なく買い物し放題といった状態となってしまいます。

たくさん買い物をしたい人にとっては不便かもしれませんが、一方で使いすぎを防げる、安心に繋がる特徴でもあります。

ソフトバンクの携帯決済の限度額は、年齢と契約期間によって変動します。

まず満20歳以上であれば、契約後3ヶ月は月5,000円まで、3ヶ月を超えると100,000円まで利用できます。

次に満12歳以上満20歳未満の場合、契約後3ヶ月までは同じく月5,000円で、3ヶ月以降が20,000円までとなります。

そして満12歳未満である場合は、3ヶ月以内、以降共に月2,000円までと決められています。

そしてもう1パターン、他社からMNPで乗り換えた場合、また少し違ってきます。

満20歳以上の場合、契約後3ヶ月までがひと月の上限30,000円、3ヶ月以降100,000円です。

満12歳以上満20歳未満の場合は、契約後3ヶ月以内、以降共に月最大20,000円です。

満12歳未満に関しては、通常パターンと変わらず月2,000円となります。

これらの限度額を不注意で超えてしまった場合、それ以降にソフトバンク携帯決済は簡単には利用できなくなります。

ソフトバンク携帯決済は限度額と使い過ぎに注意しましょう

使いすぎには気をつけるべき

ソフトバンク携帯決済は便利な仕組みですが、現金に触れることなく買い物できてしまうため、これは一方で同時に危険も伴います。

金銭感覚が薄れるため、つい使いすぎてしまいがちなのです。

ソフトバンク携帯決済は、あくまで後払い機能です。

使った分を、のちにすべて振込みをしなくてはなりません。

安易に上限最大100,000円を使い切ってしまうと、翌月以降に大きな負担となってしまうことも考えられます。

請求額を入金できなければ、ソフトバンク携帯決済が利用できなくなるのみならず、本体そのものが使えなくなるため、考えて利用しましょう。

ソフトバンク携帯決済の限度額は、年齢と契約期間の関係によって異なってきます。

さまざまなメリットが感じられるサービスですが、限度額以上は使えないため、しっかり把握しておきましょう。

また金銭感覚が薄まりやすいため、使いすぎには十分注意しましょう。


【関連する記事】

このページの先頭へ