イメージ画像

スマホで今すぐに出来る携帯決済での現金化の方法

早急に現金が必要になった、近日中にまとまったお金が欲しい――。

そんなときに使えるのが携帯決済現金化です。

特別な審査がいらない、即日すぐに入金、誰でもかんたんに利用できるなどの利便性の高さを備えています。

クレジットカードの携帯版だと考えておくとよいでしょう。

携帯決済現金化は違法行為なのかどうか?

当サイトでは携帯決済現金化に関する口コミの情報をランキングでまとめていますので、ぜひ、ここでご参考にしてみてください。

即日でかんたんにできる?携帯決済現金化とは?

携帯決済現金化とは、キャリアのショッピング枠で商品を購入したのち、そのまま業者に買い取ってもらうタイプの、現状では違法ではないサービスのことです。

商品は基本的に業者が指定しており、買い取り額は利用者本人の口座に振り込まれます。

そしてショッピング枠が備わった携帯を所有していれば、誰でも申し込み可能です。

即日の現金化といえばクレジットカードがよく知られていますが、詐欺でなくても審査などの障壁によって使用できないひとも少なくはありません。

一方でかんたんな同サービスは携帯を所有してさえいればよいので、ここでは比較的、口コミでも気軽に申し込みしやすいような環境にあるところが大きなポイントです。

ただし業者ごとに設定された換金率により、振り込まれる金額は変動します。

詐欺のない安全な携帯決済現金化のランキングで優良な業者はどこ?

購入した代金すべてが即日決済した後に振り込まれるわけではないことは、あらかじめおさえておきましょう。

また、ショッピング枠を使用した際の代金は、翌月に利用者本人が携帯料金と合算して支払うことになります。

簡単に即日で誰でもできる現金化!今日すぐに携帯決済

携帯決済現金化4つの強み

利用における障壁が低い携帯決済現金化には、ほかにも多数のメリットが口コミであります。

そのなかでも4つの強みをピックアップしてご紹介します。

振り込みがとにかく早い

違法でなければ、どの業者も即日振り込みを売りにしており、連絡からおよそ15分で振り込みが完了します。

なかには通常10分以内のスピード振り込みを謳うところもあるので、現金がすぐに必要なときにはとてもかんたんで便利です。

またすでにあるショッピング枠を換金するために、決済に特別な審査はなく確実に現金を受け取れます。

詐欺を行う悪徳業者の携帯決済現金化にだまされないために

換金率が高い

換金率とは、購入した商品を現金に交換する割合のことです。

詐欺がなければ換金率が高いほど振り込まれる現金は多くなります。

そして業者が提示する換金率の平均は72%との口コミです。

たとえば5,000円の商品なら、買い取り金額は3,600円です。

クレジットカード現金化の割合に比べるとやや劣るものの、携帯で即日決済できるとはいえ利用までの障壁の低さを考えると高めだといえます。

利用限度額がある

キャリア携帯決済のショッピング枠には限度額があります。

1カ月にここまでしか使えませんという金額のことです。

限度額はキャリアや契約年数などによって変動しますが、決済は5万円から10万円が一般的です。

要するに10万円以上のショッピングはできませんので、かんたんでも使い過ぎのリスクが少ないのです。

逆にいえば、10万円以内の現金が必要なときに利用するライトな即日サービスになります。

来店不要なサービス

携帯決済現金化は端末のショッピング枠を利用するサービスなので違法とは異なり、手続きはすべてオンライン。

特定の店舗への来店は不要です。

自宅はもちろん、外出先で現金が必要なときでも、携帯ひとつで簡単に換金できます。

ちなみに業者にもよりますが、対応する金融機関が豊富なために、基本的には最寄りの銀行およびATMで現金化が可能です。

現金化の前に契約している会社の携帯決済の限度額を知ろう

現金化の決済方法5つ

ひと口に携帯決済現金化といっても、その決済方法はランキングの口コミを見ても詐欺ではなく多岐にわたります。

当サイトでは業者が即日で取り扱う、代表的な5つの決済方法をまとめています。

自分が利用しやすいのはどれなのか、はじめにかんたんにチェックしておいてください。

WebMoney

WebMoneyのPINCOMを利用する決済方法です。

PINCOMは、「auかんたん決済」および「ドコモケータイ払い」でAmazonギフト券を購入できる違法性のないオンラインショップです。

500円から5万円のギフト券が販売されており、決済は予算に合わせた購入が可能です。

購入枚数の上限がありませんので、10万円分を購入することもできます。

Amazonギフト券は換金率が高いことで知られており、80%を超える割合で買い取りをする業者も少なくはありません。

できるだけ高い換金率を望むひとは、第一候補になるでしょう。

携帯決済現金化は即日で誰でも利用できるのか?

ただしプリペイドカードの確認などから、振り込みに時間がかかるケースも多いです。

60分以上の確認時間が設けられていることもあるために、換金前には詐欺に遭わないようにきちんと確認しておきましょう。

ドコモケータイ払い

ドコモの携帯電話を所有するひと向けのサービスです。

ショッピング枠で業者の指定する商品を購入し、購入メールを業者に転送することで換金率に応じた現金が振り込まれます。

携帯決済の限度額については、ドコモの初期設定は1万円で、契約から1~3カ月までは変更できないとの口コミです。

契約期間が4カ月から2年になると上限3万円となり、個人の設定で変更できるようになります。

2年と1カ月以降は上限金額5万円です。

ただし20歳以上の個人契約の場合、即日の決済は残高の状況や設定などに応じて最大10万円の限度額にもなります。

たとえば料金の滞納がない契約者は、上記の期間とは別に上限金額が増額するケースも多いです。

一方で滞納などのトラブルがあると、契約期間に関わらず減額されることもあります。

具体的な手順 ⇒ ドコモ携帯決済


【auかんたん決済の残高確認方法の動画】

auかんたん決済

auの携帯電話を所有するひと向けのサービスです。

一般的にはKDDIの関連会社が運営するサイトの商品を購入し、購入メールを業者に転送することで換金率に応じた現金が振り込まれます。

限度額は10万円が基本となりますので、auの携帯電話を使用しているひとなら、契約年数に関わらず満額から即日のかんたんで申し込み可能です。

また購入できる商品にはAmazonギフト券も含まれているようなケースが多いので、高い換金率に期待することができます。

業者が提示する確認にかかる時間を考慮しながら、自分に合った方法で換金するとよいでしょう。

具体的な手順 ⇒ 携帯決済 Amazon


口コミもネットで増えている携帯決済現金化は違法ではない

ただガラケーのみを所有しているひとは、スマートフォンやタブレット、パソコンによる操作が必要なので注意してください。

ソフトバンクまとめて支払い

ソフトバンクおよびY!mobileの携帯電話を所有するひと向けのサービスです。

携帯決済現金化の利用の流れはドコモとauと同様で、業者の指定する商品を購入したのち、購入メールを転送すると現金が振り込まれます。

携帯料金の支払い方法が口座引き落とし、あるいはクレジットカードであれば問題なく申し込みできますが、ガラケーだと対象の商品を揃えていない業者もあるので口コミに注意してください。

限度額は契約年数や年齢、履歴や状況によって変動しますが、5万円~10万円が一般的です。

なかには20万円の利用可能枠があるケースもありますので、公式ホームページやソフトバンクカスタマーセンターに問い合わせておくとよいでしょう。

ちなみにソフトバンクは、自社サイトであるMySoftBankでAmazonギフト券を即日の販売しています。

具体的な手順 ⇒ ソフトバンク


商品券

業者の指定する商品券を購入して、決済後に購入メールを転送すると現金を振り込まれるサービスです。

キャリアは問いません。

商品券といってもさまざまな種類がありますが、ここでもAmazonギフト券がもっともな選択肢となります。

即日は詐欺もいますし、ほとんどの携帯決済現金化の業者が同券を対象商品としているためです。

携帯はキャリアによって購入方法は異なりますので、詳細は各項目で確認してみてください。

流れは簡単で即日!携帯決済でできる商品購入と現金化

利用までの流れ

携帯決済現金化をするまでの口コミによる即日の流れは、業者やキャリアごとに異なりますが、基本的には違法でなければ以下のとおりに進みます。

1. 業者への申し込み

インターネット上のWEBサイトから申し込みフォームに移動し、所定の項目を埋めて携帯決済現金化の申し込みをします。

名前、申し込み金額、キャリア、支払い方法、メールアドレス、携帯の電話番号などが必須項目です。

免許書などによる個人情報の確認は原則としてありません。

ただ決済に不備があると入金が遅れる可能性がありますので、きちんと過不足なく埋めておきましょう。

2. 業者からの連絡

申し込みを終えると、業者からメールや電話で連絡が即日あります(ほとんどはメール)。

指定商品の購入方法、購入後の流れなどを教えてくれますので、詐欺がないように業者の指示に従いましょう。

もしここで疑問点があれば、商品の購入前に詳しく聞いておくことをおすすめします。

3. 商品の購入

業者の指示に従って、指定された商品を購入します。

たとえば、携帯決済現金化ではWebMoneyのPINCOMの場合だと、PINCOMサイトにて申し込み金額に応じたギフト券を選択し注文を確定との口コミ。

自分のメールアドレスを入力するとそこに決済の後に購入メールが届きます。

メールに従ってキャリア決済を終えると、プリペイド番号が記載されたメールが送られてきます。

この番号を業者に転送すれば完了です。

4. 振り込み金額の確認

転送したメールを確認した業者は、利用者が指定した口座に即日振り込みをしてくれます。

振り込みの連絡が携帯に届いたら銀行やATMに足を運び、きちんと換金率に応じた金額になっているか確認しましょう。

これで業者とのやり取りは、かんたんですが終了です。

コンビニで買物をした時の支払いをauの携帯決済でしたい

コンビニで買物をする際に、レジでスマホでシャキーンという効果音と共に支払いをしているのを見て便利そうだな、自分もポイントを貯めたりするのにauの携帯決済の現金化を即日でやりたいなと思っている方は少なくないのではないでしょうか。

ややこしいのですが、実はそれは大きな勘違いで、それはコンビニの支払いにかんたん決済ではなくおサイフケータイかau WALLETを使っています。

ですから、いくらお持ちのiPhoneやAndroidなどをコンビニで出しても事前におサイフケータイのFeliCa方式に対応したアプリが事前にダウンロードされて設定されていなければ、いくら専用の読み取り機にタッチしても支払いはできません。

また、以前はこのシステムは楽天Edyに登録する事でもチャージが出来たのですが、現在はこのサービスは終了していますので注意してください。

auの携帯決済の即日の現金化についてはネットでランキングを調べると過去の情報がかなり出てきますので、違法ではないが今は使えないものも多くあります。

また、au WALLETやおサイフケータイとauの携帯決済は同じ様にコンビニで買物をした際の支払いにポイントを使用できたり貯めたりそうですが、全く別物と考えなくてはいけません。

難しいのですが、ネットでの通販やウェブマネーでゲームや音楽などを購入する際に便利なのがauの携帯決済で、通常のコンビニなどでの支払いに使うのはau WALLET、スマホを読み取り機にタッチしているのはおサイフケータイと覚えておくとよいでしょう。

即日の携帯決済で失敗しないために!現金化をする前に詐欺や違法でないかチェック

利用までに知っておきたいポイント

携帯決済現金化を利用するにあたって、事前にいくつか知っておきたい口コミがあります。

よりスムーズにキャリア決済をチョイスするために、そして思わぬ詐欺のトラブルを招かないために、以下のポイントはぜひおさえておきましょう。

・複数の業者をチェックする

業者によって即日対応するキャリア、商品の換金率、振り込みにかかる時間、振り込み手数料、取り扱う金融機関などが異なります。

換金前には複数の業者のサイトを違法でないかチェックし、比較検討しておきましょう。

またおトクな業者を選ぶのが基本ではあるものの、かんたんでも信用できるかどうかも確認しておくべきです。

工夫すれば自分でも今すぐに出来る携帯決済現金化

なかには購入メールを送った段階で、連絡が途絶えてしまうケースもあるといいます。

信用の見分け方は、サイトに掲載されている運営者情報です。

社名で検索したり、商許可を得ているかを確認したりすると運営者の信用を図ることができます。

会社情報が出てこない、許可を得ていないという業者は避けたほうが無難です。

同サービスはすぐに現金が手に入る手軽さが大きな魅力ではありますが、注意深く吟味することも忘れないようにしてください。

・所有する端末すべてで利用できる

かつては携帯を1台所有するのが普通でしたが、ここ最近は2台持ち以上のひとも珍しくはありません。

そのため「2台以上の端末を持っている場合はどうなるか」と疑問に思っているひともいますが、実際の口コミには所有する端末すべてで現金化が即日で可能です。

スマートフォン、タブレット、ガラケーなど端末の携帯の種類も問いません。

しかも限度額もそれぞれに設けられているために、より多くの現金を得ることができます。

ただしガラケーと社用ケータイについては注意してください。

前者は別途で携帯決済にはパソコンが必要であり、後者は限度額が満額でない端末も多いです。

・PC用のフリーメールアドレスを取得する

申し込みをする前に、PC用のフリーメールアドレスを取得しておきましょう。

GmailやYahooメールなどが該当します。

すでに利用しているひとは、そちらを使用して問題ありません(社用はNG)。

そして携帯でフリーメールアドレスを取得しておきたい理由は大きくふたつです。

ひとつはキャリアメールだと、業者からのメールが詐欺の迷惑メール設定でブロックされやすい。

もうひとつは換金における安全性を高めるためです。

前者は携帯の迷惑メール設定を変更すればよいので、さほど大きな問題ではありませんが、後者はプライベートな情報となりうるので取り扱いには気をつけたほうがよいでしょう。

・継続課金の利用はどうなっているか

継続課金とは月額制の有料コンテンツなど、毎月自動で支払っている料金のことです。

ショッピング枠を使用した支払われているケースがほとんどなので、知らないうちに限度額が圧迫されていることもあります。

限度額を満額使うためにも、あらかじめ整理しておくのが望ましいです。

ただし現金化の当日に利用を解除しても、即日の携帯決済した後、翌月分には加算されますので注意してください。

・翌月の支払い金額を確認する

携帯決済現金化はあくまでショッピング枠を利用した口コミの方法であり、実質的にはお金を支払っています。

利用した分は翌月の携帯料金に合算されますので、翌月きちんと支払えるかどうかは最低限確認しておくべきでしょう。

実際に現金がすぐ手に入るからと安易に利用した結果、かんたんでも翌月支払えずに滞納してしまう利用者も多いといいます。

ここまでにも触れたとおり、ショッピング枠の限度額は利用状況によって変動するもの。

失敗しないためには携帯決済現金化の詐欺の業者は選ばない

要するに滞納してしまうと限度額が減額されてしまい、いざというときに頼りにできない事態にもなりかねません。

また増額には数カ月、あるいは年単位もかかることもあるので、決済を選択するときは現在だけでなく翌月までを視野に入れるようにしてください。

携帯決済現金化はキャリアを持っているひとなら違法ではなく、誰でも即日で換金できる便利な手段です。

今どうしても現金が必要だ、明日までに現金を用意しておきたいなど、緊急性があるときにはとてもかんたんで重宝するでしょう。

ただし限度額があるとはいえ、詐欺でなくても使い過ぎは禁物。

翌月のことをきちんと考えてランキングの口コミを見ながら携帯決済は利用してください。

携帯キャリア決済現金化の還元率の上限は83%でそれ以上は嘘

全てを業者を使わないで自分でやれれば90%を超える可能性はありますが、ネット上の買い取り業者を利用すると80%くらいになってしまう覚悟が必要です。

Amazonギフト券買取で90%以上とかありますが、実際に電話してみると「お客様の場合は82%です」と詐欺のような回答が飛び出てきます。

仕組みを考えれば80%くらいが妥当で90%以上はあり得ないのです。

携帯キャリア決済の現金化では、Amazonギフト券をどの業者も利用しますが、その業者もせいぜい90~94%くらいでしかお金に換えることができない訳です。

業者は営利の為に最低でも10%は抜くので、お客様には82%くらいで金額を提示するのが一般的です。

また、クレジットカード現金化と比較して、携帯キャリア決済の現金化は金額が少なく客単価が低いので儲けが少ない傾向にあります。

一人当たりの儲けが少ないので還元率を良くすることが出来ない裏の事情が存在する訳です。


【関連する記事】

このページの先頭へ